瓦にひびがあるように見えます。大丈夫ですか?

瓦には貫入(かんにゅう)と呼ばれる、ゆう薬表面に細かい亀裂が発生している場合があります。ゆう薬表面のみのひびであり、基材には全く問題なく強度にも変化はありません。
貫入は粘土瓦製品としての一般特性であり、屋根材として品質上の問題はありませんので安心してご使用ください。一般的な焼き物のお茶碗などにも貫入のひび目模様が入ったものがあります。

参考:窯から出してすぐに発生する貫入状態を直接貫入といいます。貫入と素地(粘土)の収縮が同じ程度に調合した色の瓦は直接貫入の発生が少なく、施工後徐々に貫入が発生する場合があります。これを経年貫入といいます。

鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

製品について

ページの先頭へ