瓦屋根にすると住宅の構造を強くしないといけないですか?

瓦屋根は建築基準法で重い屋根に分類され、軽い屋根(化粧スレート、金属屋根)に比べ、壁量を少し多くとる必要がありますが、基本的に住宅が風と地震に耐えられるように壁量が決められるため、屋根の重さによる壁量の差は僅かです。


鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

製品について

ページの先頭へ