当社は、地震・台風・大雨に強い防災瓦「スーパートライ110シリーズ」において、屋根材業界で初となるジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)最優秀賞を受賞いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.受賞製品について

「地震・台風・大雨に強い防災瓦 スーパートライ110シリーズ」


スーパートライ110 タイプI(物件写真)※クリックで拡大


スーパートライ110 タイプI(瓦単品画像)※クリックで拡大


スーパートライ110 タイプI(ロック画像)※クリックで拡大


2. 防災瓦について


当社の防災瓦は瓦同士がかみ合うことにより地震や台風などにも負けない高い固定力を発揮します。近年増加傾向にある洋風のF形瓦において、業界に先駆け1999年にこの防災瓦「スーパートライ110」を開発、以来20年間に累計で約9億枚、住宅に換算するとおよそ60万棟にご使用いただいております。(住宅1棟あたり1,500枚換算)。
当社は、防災瓦のパイオニア企業として、「日本のすべての屋根に防災瓦を」をキーワードに、これからも防災瓦の一層の普及と啓蒙活動に努めていきます。

3.ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)について

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」は、次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて、強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会

オフィシャルホームページはこちら


本件の詳細に関するお問い合わせ先


経理室 中村
TEL:0569-29-3740 
FAX:0569-28-5566
E-mail:h-nakamura@try110.com

販売・価格に関するお問い合わせ先

営業部
TEL:0569-29-4999 
FAX:0569-29-1403

入出荷・受注・在庫に関するお問い合わせ先

業務部
TEL:0569-29-2311 
FAX:0569-29-2881

お取引先様向けご案内はこちら


ファイルイメージ

2.0MB


トップページへ




→1つ前のお知らせ(決算棚卸作業に伴う出荷業務休止に関するお知らせ)へ


当社は、被災した屋根の棟養生を想定したシートを発売することとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

新商品名

「らく棟シート」


クリックで拡大

開発の背景

近年、地震や台風などの自然災害により、瓦屋根にも甚大な被害が発生しています。
現行の防災瓦・防災工法では大きな被害は無いと認識しておりますが、以前の防災に対応していない屋根仕様では、数多く被災していることも事実です。
被災屋根の復興遅れは、エンドユーザーの不安や瓦離れ、工事店の非合理的な運営にも繋がる恐れもあり、逸早い復興のお手伝いが当社の使命と考えています。
被災屋根の雨養生は、後の復興の効率化において非常に重要です。同一地域・同一時期に発生する自然災害では、専門業者が雨養生できる数が限られ、他業種の工事業者が行うことも少なくありません。そのような状況を想定し、“少しでも早く確実に”、“一定期間養生が可能な”シートとして「らく棟シート」を発売いたします。
本商品の詳細については、添付資料をご参照下さい。


ファイルイメージ

「らく棟シート」リーフレット

発売日

2020年(令和2年)1月27 日

定価

6,500 円(税抜)/セット

セット内容
本体シート (幅1.2m×長さ5.4m)  1枚
水袋用ビニール袋(幅0.2m×長さ2.5m) 6枚
インシュロック (長さ300mm) 15本

 

本件に関するお問い合わせ先

本件製品の詳細に関するお問い合わせ先

開発部 加藤
TEL:0569-77-0797
FAX:0569-28-5566
E-mail:m-kato@try110.com

販売・価格に関するお問い合わせ先

営業部
TEL:0569-29-4999 
FAX:0569-29-1403

入出荷・受注・在庫に関するお問い合わせ先

業務部
TEL:0569-29-2311 
FAX:0569-29-2881

お取引先様向けご案内はこちら


ファイルイメージ

2.0MB


トップページへ




→1つ前のお知らせ(「カワラッパ」LINEスタンプ第2弾 販売開始のお知らせ)へ


当社製品の陶板壁材「スーパートライWall」におきまして、シーリングを使用しない工法を開発しましたので、下記の通りお知らせ致します。

新工法名

「スーパートライWall シールレス工法」

→スーパートライ Wallの製品紹介ページはこちらへ

シールレス工法の特徴

①高い耐久性を持つ壁材に、専用設計した乾式水切りを用いることで、目地仕上げのシーリングを不用とした工法となります。
②当工法で使用する陶板壁材の全長は1,818㎜になります。
※サッシ周辺や換気口周りなどは、従来通りシーリング目地が必要となります。
詳細は営業企画室 陶板推進担当までお問い合わせください。


製品の概略


従来のハットジョイナーと同程度の施工性を実現した専用乾式水切りになります。


クリックで拡大


販売開始日


2020年(令和2年)1月6日より発売とさせて頂きます。


本件に関するお問い合わせ先

本件製品の詳細(販売・価格)に関するお問い合わせ先

営業企画室 陶板推進担当
TEL:0569-29-4699
FAX:0569-28-5566
E-mail:eigyou-kikaku@try110.com

入出荷・受注・在庫に関するお問い合わせ先

業務部
TEL:0569-29-2311 
FAX:0569-29-2881

お取引先様向けご案内はこちら


ファイルイメージ

2.0MB


トップページへ




→1つ前のお知らせ(アンティックブラウン色の性能向上に関するお知らせ)へ


当社製品であるスーパートライ110シリーズのF形瓦採用色「アンティックブラウン」におきまして、色調は現行色と変わらず近赤外線反射率を高めることが可能となりました。これにより、住宅への熱影響をより低減する効果が期待できます。
つきましては、順次切り替えの運びとなりますので、下記の通りお知らせ致します。

色名

「アンティックブラウンS」

対象製品名

下記スーパートライ110シリーズ

スーパートライ110
タイプI

スーパートライ110
タイプI Plus

スーパートライ110
タイプIII

スーパートライ110
スマート


クリックで製品紹介ページへ


クリックで製品紹介ページへ


クリックで製品紹介ページへ


クリックで製品紹介ページへ


性能向上の内容


既存色の近赤外線反射率(※)に対し20%以上向上
瓦表面温度 現行色比 △2℃
野地裏温度 現行色比 △2℃
※近赤外線反射率とは、JIS K5602試験法により780-2500nm波長の領域を測定した値です。


実施日


2020年(令和2年)1月より順次切り替え予定(桟瓦、役瓦共)


その他

本性能向上に伴う、価格及び色調(マンセル値)の変更はございません。

本件に関するお問い合わせ先

本件製品の詳細に関するお問い合わせ先

開発部 石川
TEL:0569-77-0797
FAX:0569-28-5566
E-mail:t-ishikawa@try110.com

販売・価格に関するお問い合わせ先

営業部
TEL:0569-29-4999 
FAX:0569-29-1403

入出荷・受注・在庫に関するお問い合わせ先

業務部
TEL:0569-29-2311 
FAX:0569-29-2881

お取引先様向けご案内はこちら


ファイルイメージ

2.0MB


トップページへ




→1つ前のお知らせ(休日のお知らせ)へ


当社製品の陶板壁材「スーパートライ Wall」におきまして、製品ラインナップに新柄を追加することとなりましたので、下記の通りお知らせ致します。

対象製品名

「スーパートライ Wall」




→スーパートライ Wallの製品紹介ページはこちらへ


製品ラインナップへ新柄の追加


高い耐久性を持つ壁材として好評を頂いている「スーパートライ Wall」に、6mmの深い彫りが特徴の新柄「ディープボーダー」が加わります。
従来のプレーン・ワイドボーダーに加え、全3柄のバリエーションとさせて頂きます。
なお、カラーはホワイト、ベージュ、ブラウン、ブラックの4色になります。


ディープボーダー(左からホワイト・ベージュ・ブラウン・ブラック)※クリックで拡大


実施日


上記新柄(色:ホワイト、ベージュ、ブラウン、ブラック)は10月15日より発売とさせて頂きます。
※受注生産となります(納期目安30日間)


本件内容の詳細に関するお問い合わせ先

本件製品に関するお問い合わせ先(営業企画室 陶板推進担当)
TEL:0569-29-4699 FAX:0569-28-5566
E-mail:eigyou-kikaku@try110.com

入出荷・受注・在庫に関するお問い合わせ先(業務部)
TEL:0569-29-2311 FAX:0569-29-2881

お取引先様向けご案内はこちら


ファイルイメージ

2.0MB


トップページへ




→1つ前のお知らせ(陶板壁材「スーパートライ Wall」ランダムな大柄が特徴の新色追加のお知らせ)へ


  次のページへ

ページの先頭へ