1. 2020年12月の新設住宅着工、前年比9.0%減 市場予想は3.7%減


国土交通省が1月29日発表した建築着工統計調査によると、2020年12月の新設住宅着工戸数は前年同月比9.0%減の6万5,643戸で、18カ月連続で減少した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は3.7%減だった。
内訳をみると、持ち家は2.4%増の2万2,819戸で、2カ月連続で増加した。貸家は11.5%減の2万4,423戸で28カ月連続の減少だった。分譲は18.4%減の1万7,622戸と、14カ月連続で減少した。
同時に発表した2020年の新築住宅着工戸数は前年比9.9%減の81万5,340戸だった。4年連続で減少した。


2021年3月期 第3四半期 四半期報告書を公開しました。
IR情報(過去の決算情報)をご確認ください。


トップページへ




→1つ前のお知らせ(住宅関連情報 2021年(令和3年)1月号)へ


1. 11月の新設住宅着工、前年比3.7%減 市場予想は4.9%減


国土交通省が12月25日発表した建築着工統計調査によると、11月の新設住宅着工戸数は前年同月比3.7%減の7万798戸で、17カ月連続の減少だった。QUICKがまとめた市場予想の中央値は4.9%減だった。
内訳をみると、持ち家は1.5%増の2万4,010戸で、16カ月ぶりに増加した。貸家は8.1%減の2万6,451戸で27カ月連続の減少だった。分譲は6.1%減の1万9,548戸と、13カ月連続で減少した。


日経ホームビルダー「採用したい建材・設備メーカーランキング2020」における粘土瓦(陶器瓦)部門にて、7年連続で当社が第1位に選定されました。



評価された点について


ランキング表の内容より、『採用経験があり、今後も採用したいと思う』が38.1%との結果となりました。当社製品を再び購入したいと考えて頂ける方が多くいらっしゃることは、当社にとっての誇りであります。
また、採用したいと考える理由の中で、「耐久性:60.0%」「機能性:53.3%」「デザイン:48.3%」と高い評価をいただきました。
当社製品であるスーパートライ110シリーズは、下の瓦のハイパーアームが上の瓦のアンダーロックをがっちりおさえこむ「スーパーロック工法」で、大地震の揺れや台風の強風にも耐える当社オリジナルの工法により、大切な住まいを守ります。
今回の受賞を励みに、当社は今後も継続して、製品の品質維持に努めてまいる所存であります。
今後とも、引き続きご支援ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


当社の製品紹介は、上記をクリックしてご覧ください。


日経ホームビルダー「採用したい建材・設備メーカーランキング2020」とは


工務店や住宅メーカーなどに勤務する専門家1,227人に住宅関連の建材・設備メーカーの採用動向を分野別に調査し、33分野の結果をまとめたものです。
主催:日経ホームビルダー・日経アーキテクチュア


本件内容に関するお問い合わせ先


総務部
TEL 0569-29-3436
FAX 0569-28-5891



→1つ前のお知らせ(住宅関連情報 2020年(令和2年)12月号)へ


  次のページへ

ページの先頭へ