平成30年3月期 第1四半期 四半期報告書を公開しました。
IR情報(過去の決算情報)をご確認ください。


トップページへ




→1つ前のお知らせ(住宅関連情報 2017年(平成29年)8月号)へ


1. 6月の新設住宅着工、1.7%増 分譲増で 貸家は20カ月ぶり減少


国土交通省が7月31日発表した建築着工統計調査によると、6月の新設住宅着工戸数は前年同月比1.7%増の8万7,456戸だった。2カ月ぶりに増加した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は0.6%減だった。分譲マンションが大幅に増加し、全体を押し上げた。貸家は20カ月ぶりに前年実績を下回った。季節調整済みの年率換算値では前月比0.6%増加した。
内訳をみると、分譲が15.5%増の2万4,976戸と2カ月ぶりに増加した。大規模案件の着工が多く、分譲マンションが27.1%と大きく伸びた。分譲の一戸建ても4.8%増だった。
貸家は2.6%減の3万5,967戸と20カ月ぶりに減少した。首都圏や近畿圏を除く地域で相続税の節税を目的とした着工に一服感が出た。持ち家は3.4%減の2万6,037戸と3カ月ぶりに減少した。
併せて発表した1~6月期の新設住宅着工戸数は前年同期比2.1%増の47万3,206戸だった。1~6月期としては3年連続で増加した。


1.マンション着工12.6%減 5月、全体は3カ月ぶりマイナス


国土交通省が6月30日発表した5月の新設住宅着工戸数は前年同月比0.3%減の7万8,481戸ととなり、3カ月ぶりに減少した。首都圏での大規模物件の着工が少なかったマンションが同12.6%減の9,823戸にとどまった。
貸家は1.6%増の3万2,956戸と19カ月連続で増えた。相続税の節税対策や低金利を背景に増えているが、伸び率は2カ月連続で1%台に縮小した。同省は「プラス材料がある一方、アパートの供給過剰の見方が一部に出ている」(建設経済統計調査室)という。
持ち家は1.5%増の2万3,846戸。戸建て住宅も4.5%増の1万1,287戸だった。総戸数を年率(季節調整値)で換算すると、99万8,000戸にあたる。同室は「住宅着工はおおむね横ばいで推移している」との見解を示した。


このイベントは終了しております。ありがとうございました。

この度弊社では、2017年(平成28年)7月21日(金)・22日(土)に名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)で行われます展示会に参加させていただくこととなりました。
つきましては、ご多用中誠に恐縮ではございますが、是非ともご来場いただきたくお願い申し上げます。

イベント名

名証IRエキスポ2017


オフィシャルホームページはこちら


イベント内容


名証IRエキスポは、投資家の皆様が上場企業に直接触れることができる日本最大級のIRイベントです。
今回の当社ブースでは、防災瓦に加え、陶板壁材「スーパートライwall」の展示を行います。
是非一度足をお運びください。

他にも、エキスポ会場の特設ステージでは、テレビや雑誌等のメディアで人気の杉村富生さん、桐谷広人さん、三井智映子さん、岸博幸さん、武者陵司さん、尾木直樹さん、須田慎一郎さんの講演会(無料)が開催されるなど、役立つ情報が盛り沢山です。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベント概要

会期

2017年(平成28年)7月21日(金)・22日(土)
10時~17時

会場

名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)アクセスマップはこちら
〒464-0856 名古屋市千種区吹上2-6-3
TEL: (052)735-2111

入場料

無料
事前登録をしていただくと、スムーズに入場することができます。
→一般向けはこちら
→アナリスト向けはこちら

主催

株式会社名古屋証券取引所

出展者

出展者はこちらからご覧下さい。

昨年実績

昨年来場者数:約8,200人(2日間)(主催者発表)





本件に関するお問い合わせ先


経理室 山下
Tel: 0569-29-3740
Fax: 0569-28-5566


トップページへ




一つ前のお知らせ(休日のお知らせ)へ→


  次のページへ

ページの先頭へ