1日中細菌やウイルスを抑制する!初めての内装壁材

2020年5月に発売した『スーパートライWall』抗菌性光触媒シリーズに関しまして、製品の詳細を分かりやすく説明する動画となります。ぜひご覧ください。



http://www.youtube.com/user/try110com



ファイルイメージ

リーフレットはこちら


本件に関するお問い合わせ先


営業企画部 
Tel: 0569-29-4699
Fax: 0569-28-5566


トップページへ




→1つ前のお知らせ(住宅関連情報 2020年(令和2年)9月号)へ


1. 7月の新設住宅着工、前年比11.4%減 コロナ禍で展示場閉鎖


国土交通省が8月31日に発表した建築着工統計調査によると、7月の新設住宅着工戸数は前年同月比11.4%減の7万232戸と13カ月連続で減少した。持ち家、貸家、分譲住宅とも減少した。QUICKがまとめた市場予想の中央値(12.5%減)より減少幅は小さかった。季節調整済みの年率換算値では前月比4.8%増と、2カ月ぶりに増加した。
持ち家は13.6%減の2万2,708戸と12カ月連続で減少した。新型コロナウイルス感染症の拡大で展示場の客足が鈍り、閉鎖になったことなどが響いた。
貸家は8.9%減の2万7,684戸と23カ月連続で減少した。金融機関による融資条件の厳格化で「民間資金による貸家」が38カ月連続で減少した。
分譲住宅は11.8%減の1万9,359戸と9カ月連続で減少した。内訳は、マンションが2.9%減の8,352戸、一戸建て住宅は17.2%減の1万820戸だった。


1. 6月の新設住宅着工、前年比12.8%減 持ち家、貸家、分譲の減少続く


国土交通省が7月31日発表した建築着工統計調査によると、6月の新設住宅着工戸数は前年同月比12.8%減の7万1,101戸と、12カ月連続で減少した。持ち家や貸家、分譲住宅とも減少が続いた。QUICKがまとめた市場予想の中央値(13.9%減)よりも下げ幅は小さかった。季節調整済みの年率換算値では前月比2.1%減だった。
貸家は前年同月比13.0%減の2万6,666戸と22カ月連続で減少した。民間資金による着工数が37カ月連続で減少したうえ、公的資金による着工数も3カ月連続で減少した。
持ち家は同16.7%減の2万3,650戸と11カ月連続で減少した。
分譲住宅は同7.7%減の2万189戸と8カ月連続で減少した。マンションのほか一戸建て住宅の減少も続いた。


2021年3月期 第1四半期 四半期報告書を公開しました。
IR情報(過去の決算情報)をご確認ください。


トップページへ




→1つ前のお知らせ(休日のお知らせ)へ


  次のページへ

ページの先頭へ