IR情報ページの更新および2020年(令和2年)3月期の決算関連資料の公開を行いましたので、下記のとおりお知らせいたします。

情報更新

  • 株主・投資家の皆様へ (→更新ページはこちら
  • 業績推移 (→更新ページはこちら
  • 中期経営計画 (→更新ページはこちら
  • 年間スケジュール (→更新ページはこちら)※ページ下部

情報公開

  • 決算公告 (→公開ページはこちら
  • 有価証券報告書 (→公開ページはこちら
  • 通期 報告書 (→公開ページはこちら

→IR情報トップページはこちら


トップページへ




一つ前のお知らせ(住宅関連情報 2020年(令和2年)6月号)へ→


1. 4月の新設住宅着工、前年比12.9%減 減少率は5年ぶり大きさ


国土交通省が5月29日に発表した建築着工統計調査によると、4月の新設住宅着工戸数は前年同月比12.9%減の6万9,162戸だった。10カ月連続の減少で、減少率は2015年1月(13.0%減)以来の大きさだった。減少率は、QUICKがまとめた市場予想の中央値(12.1%減)より大きかった。季節調整済みの年率換算値は前月比12.0%減だった。
持ち家は前年同月比17.4%減の2万1,015戸と9カ月連続で減少した。新型コロナウイルス感染症による外出自粛で住宅展示場への客足が遠のいたことが影響した。
貸家は15.4%減の2万4,976戸で、20カ月連続で減少した。リーマン・ショック後にあたる2008年12月から20カ月連続の減少を記録して以来の長さとなる。金融機関による融資条件の厳格化が影響した。
分譲住宅は3.6%減の2万2,557戸と、6カ月連続の減少だった。一戸建て住宅の着工が減った。


軽くて強い、日除けシート 真夏の温度差35℃を実現

夏の炎天下の屋根工事現場における熱中症対策といたしまして、日除けシート「ルーフリフレクター」の動画を配信いたします。設置方法を分かりやすくご紹介する動画となります。ぜひご覧ください。



http://www.youtube.com/user/try110com



ファイルイメージ

リーフレットはこちら


本件に関するお問い合わせ先


営業部 
Tel: 0569-29-4999
Fax: 0569-28-5566


トップページへ




→1つ前のお知らせ(新型コロナウイルス感染予防に関するお知らせ)へ


各 位

株式会社  鶴 弥     
代表取締役社長 鶴見 哲

新型コロナウイルス感染予防に関するお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、2020年6月23日(火)に開催を予定しております第53期定時株主総会におきまして、新型コロナウイルスによる感染防止に向けた当社の対応をご案内いたします。

本株主総会にご出席される株主様は、株主総会開催日現在の感染状況やご自身の体調をお確かめのうえ、マスク着用などの感染予防にご配慮いただき、ご来場賜りますようお願い申し上げます。
特に、ご高齢の方、持病をお持ちの方、妊娠されている方は、ご出席について十分にご検討をお願い申し上げます。

会場の当社スタッフは検温を含め体調を確認のうえ、マスク着用で応対いたします。会場内には株主様のための消毒液を設置いたします。また、ご来場の株主様で体調不良と見受けられる方には、当社スタッフがお声掛けをして入場をお控えいただくことがございますので、あらかじめご了承ください。その他にも感染予防のための措置を講じておりますので、ご理解ならびにご協力をお願い申し上げます。
今後の状況により株主総会の運営に大きな変更が生ずる場合は、本ウェブサイトにてお知らせいたします。

本件に関するお問い合わせ先

総務部
Tel: 0569-29-3436
Fax: 0569-28-5891


トップページへ




→一つ前のお知らせ(住宅関連情報 2020年(令和2年)5月号)へ


1. 新設住宅着工、3月は前年比7.6%減 2019年度は7.3%減


国土交通省が4月30日発表した建築着工統計調査によると、3月の新設住宅着工戸数は前年同月比
7.6%減の7万729戸と9カ月連続で減少した。持ち家と分譲住宅、貸家いずれも減少した。QUICKがまとめた市場予想の中央値(16.0%減)と比べると、減少率は小幅にとどまった。季節調整済みの年率換算値では前月比3.9%の増加だった。
持ち家は前年同月比0.3%減の2万2,327戸と、8カ月連続で減少した。
貸家は同6.6%減の2万6,545戸と19カ月連続で減少した。金融機関による融資条件の厳格化が影響した。
分譲住宅は同16.1%減の2万1,220戸と5カ月連続で減少した。減少率は2018年6月以来、1年9カ月ぶりの大きさ。マンションの落ち込みが響いた。
同時に発表した2019年度の新設住宅着工戸数は前年度に比べ7.3%減の88万3,687戸と2年ぶりに減少した。減少率は2014年度以来5年ぶりの大きさとなる。貸家が14.2%減と3年連続で減少した。分譲住宅は2.8%減、持ち家は1.5%減だった。


  次のページへ

ページの先頭へ