スタッフブログ

カレンダー

  • 前月へ
  • 2022/8
  • 次月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2022/06
13(月)

こんにちは!
鶴弥 開発部の原田です!

今回は、送風散水試験についてお話しします。

早速ですが、こちらをご覧ください。


これは、2020年度 あいち産業科学技術総合センターに導入された、
送風散水試験機の風をもろに受けている原田です(笑)

強い風を受けるとやりたくなりますよね(^ω^)

それはさておき・・・

2020年6月にJASS 12 屋根仕様の
「参考資料5. 屋根の防水性能の検証において
屋根葺材の水密区分の判定に用いる評価試験方法」
が制定されました!

今まで、瓦の防水性能を確かめる試験は「圧力箱方式」という、
箱の中に瓦を葺き、圧力をかけながら散水する試験を実施していましたが、
より実環境に近い状態で測定できるよう、
「送風散水方式」という試験方法が導入されました!

実際の試験機がこちら↓


スーパートライ110 タイプⅠが雨に濡れて光り輝いていますねぇ゚+.(◕ ω◕ )゚+.

左側が散水機、右側が送風機になります。

上から散水しながら、それぞれの風速(0,10,15,20,25,31m/s)で
瓦の裏にどれだけ水が入り込んだかを測定し、水密区分で判定します。

こちらの写真は実際の試験の様子です☂


もちろん、問題無い結果が確認できました╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

鶴弥の瓦は、耐風性能だけでなく、防水性能もバッチリなんですよ~!

ではまた~!(^.^)/~~~


TOPTOP