スタッフブログ

カレンダー

  • 前月へ
  • 2022/7
  • 次月へ
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

鶴弥 経理室です。

今回は鶴弥の市場区分について簡単にご説明したいと思います。


   


2022年4月4日から、もともと5つあった
東京証券取引所(以下、東証)の市場区分が、

プライム市場・スタンダード市場・グロース市場の3つに再編されました。

現在 プライム市場には約1,840社、
スタンダード市場には約1,470社、
グロース市場には約450社が、
それぞれ上場しています。

この中で当社は【スタンダード市場】に該当します。


 

<スタンダード市場とは?>

国内経済の中核を担う、一定の時価総額を有する企業向けの市場です。

上場維持基準も設けられており、

  • 流通株式比率が25%以上
  • 株主数は400人以上
  • 流通株式時価総額は10億円以上

等の条件をクリアして上場しています。

 

なお、名古屋証券取引所も東証と足並みを揃えるかたちで、
プレミア市場・メイン市場・ネクスト市場へと再編され、
当社は【メイン市場】に該当します。

 

時価総額?流通株式?など難しい単語があって分かりにくいかと思いますが、
少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 



TOPTOP