当社の陶板壁材「スーパートライWall」が、「2016年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会、2016年9月29日(木)発表)の「住宅設備部門」において、グッドデザイン賞を受賞しました。
本件の受賞についての審査委員の評価コメントは以下の通りです。

焼き物が持つ自然な風合いや質感、高耐久性と工業製品としての製品精度の両立がこの壁材の特徴です。焼き物が本来もっている自然な風合いと高級感や、釉薬や焼成方法の変化による多彩な色彩や意匠は、近年、均一な建物の外壁が多い中、その試みにとても意義があると考えられます。

スーパートライWall


Gマーク


施工写真


1.陶板壁材「スーパートライWall」の概要


陶板壁材「スーパートライWall」は、日本の住宅の屋根を長年に亘って守ってきた粘土瓦の優れた特性をそのまま活かし、屋根だけでなく建物外装全体の長寿命化に貢献すべく開発しました。
一般的な窯業系外壁材が持つ省施工性とタイルが持つ高耐久性とを併せ持つ、全く新しい壁材です。 また、焼き物が本来もっている自然な風合いと高級感や釉薬(うわぐすり)や焼成方法の変化による多彩な色彩や意匠、質感は外装のみならず、内装としても贅沢な空間を演出できます。

2.開発の背景

新築戸建住宅の外壁材市場においては、窯業系外壁材が約75%を占めています。しかしながら窯業系外壁材は10年~20年に一度再塗装が必要です。
一方で再塗装が不要な外壁材としてタイルが挙げられますが、近年ではタイル職人の不足が懸念されています。
窯業系外壁材の省施工性とタイルの高耐久性を合わせ持ち、ユーザーの外壁材選びの新たな選択肢となり得る製品開発に取り組みたいと考えました。

3.グッドデザイン賞とは

1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」を継承し、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、社会全体をより豊かなものへと導くことを目的としています。
また、グッドデザイン賞を受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。
→グッドデザイン賞 オフィシャルホームページはこちら

本件内容の詳細に関するお問い合わせ先

営業企画部 木村
TEL:0569-29-4699
FAX:0569-28-5566
E-mail n-kimura@try110.com

プレスリリース資料はこちら


ファイルイメージ

PDF(0.1MB)


グッドデザイン賞オフィシャルホームページへ




→1つ前のお知らせ(法人様向け)メッセナゴヤ2016 に出展)へ


ページの先頭へ