会社沿革 2000年代

当社は、鶴見清冶郎が信州において瓦製造技術を取得したのち、1887年(明治20年)に刈谷市小垣江町において個人創業いたしました。1925年(大正14年)に鶴見弥四郎が家業を継承し、1968年(昭和43年)2月株式会社鶴弥製瓦工場を設立いたしました。
設立からの沿革は次のとおりであります。


2000年(平成12年)10月

スーパートライ110タイプII発売開始

2001年(平成13年)7月

阿久比工場第1ライン完成

2002年(平成14年)4月

東京証券取引所市場第二部へ株式を上場

2002年(平成14年)6月

スーパートライ110サンレイ発売開始

→ 詳細はこちらへ

2002年(平成14年)8月

スーパートライ110サンレイ クラシカルシリーズ発売開始

2003年(平成15年)2月

阿久比工場第2ライン完成

2003年(平成15年)9月

阿久比工場 日本工業規格許可工場となる

2004年(平成16年)2月

スーパートライ110タイプIII発売開始

→ 詳細はこちらへ


隅桟瓦(スーパートライ110タイプI仕様)発売開始

2004年(平成16年)10月

スーパーエース発売開始

→ 詳細はこちらへ

2005年(平成17年)1月

愛知ブランド企業認定

2005年(平成17年)11月

本社工場第2ライン改造(業界初のロボット導入)

2006年(平成18年)1月

オリジナル棟換気システム「エアフロー」発売開始

2006年(平成18年)3月

プレカット工場(阿久比工場内)完成

2006年(平成18年)7月

乾式棟システム「カルむね」発売開始

2006年(平成18年)11月
2007年(平成19年)1月

丸福支店(南砺市)を開設
(ISO9001, ISO14001共に適用除外)

2007年(平成19年)2月

スーパートライ110FM発売開始

2007年(平成19年)4月

阿久比工場第3ライン完成

2007年(平成19年)10月

サマースノーシリーズ発売開始

→ 詳細はこちらへ

2007年(平成19年)11月

本社工場・衣浦工場・西尾工場・阿久比工場
日本工業規格適合性の認証を取得(TC0407043)(JISマーク表示制度)

2008年(平成20年)3月

フリーエアー工法発売開始

→ 詳細はこちらへ

2008年(平成20年)6月

代表取締役会長に鶴見栄就任
4代目代表取締役社長に鶴見哲就任

2008年(平成20年)8月

雨だれ軽減袖瓦「トライRS袖」

→ 詳細はこちらへ

2009年(平成21年)3月

高機能エコ瓦 スーパートライ110「クールベーシック」発売開始

→ 詳細はこちらへ

2009年(平成21年)6月

真一文字軒発売

→ 詳細はこちらへ

2009年(平成21年)8月

「鶴弥スーパートライ登録施工店」講習開始
スーパートライ110FM306発売開始

2009年(平成21年)12月

スーパーエースJ2、8.25寸エース桟瓦発売開始

その他の年代を見る

ページの先頭へ