フレキシブルで瓦の種類を問わず設置可能

大切な住まいだから、野地面から「湿気」を出して長持ちな屋根へ

様々な屋根形状に対応

片流屋根・方形屋根・急勾配屋根・下屋根など多様な屋根形状に対応します。
また、F形瓦、M形瓦、J形瓦と瓦の種類にかかわらず施工が可能です。

基本性能は「棟換気エアフローPlus+」と同等(※)


軒から吸気した空気を排出するゼロエネルギー自然換気システムです。
棟換気エアフローPlus+と同じ構造を採用し、優れた防水性能を実現しました。


成績書



野地面換気エアフローPlus+(プラス)の商品性能動画です。




取り付けは簡単でシンプル

垂木を挟み240mmの開口を2ヶ所設けることで、垂木を傷つけることなく施工ができます。
なお、施工は開口を設け、本体を取り付けるだけのシンプルな施工となります。
※野地面換気エアフローPlus+1本で約17㎡の天井面積をカバーできるので、天井面積60㎡の住宅では野地面換気エアフロー4本を取り付ければ最適な換気量を得られます。

(※)は棟換気エアフローPlus+、野地面換気エアフローPlus+共通の性能となります。詳細は棟換気エアフローPlus+を参照ください。


製品仕様


製品図

製品寸法24mm×135mm×681mm
有効開口面積106.17㎠
対応天井面積16.98㎡(5.1坪)
材質ポリプロピレン
EPDMシーラー、ブチル粘着材
対応勾配2寸〜
定価3,200円/本



施工手順


施工方法の詳細は、鶴弥施工要領書をご確認ください。


垂木を挟み、23mm×240mmを2ヶ所、野地を開口。



本体裏面の止水用テープの剥離紙をはがし、本体固定用ビス12本にて本体を取り付ける。



瓦の施工 


完成


野地面換気 エアフローPlus+


ページの先頭へ