PS樹脂瓦桟の商品性能動画です。


Point1 耐腐食性に優れる樹脂製桟木


ポリスチレンを主原料とした樹脂製桟木です。
腐ることがなく、木材と変わらない軽さと加工性を備えています。

Point2 水抜き機能で防水性も安心


水抜き溝がついているため縦桟が不要で、施工に手間がかかりません。


水抜き溝付き


Point3 瓦下通気で快適な屋根環境を実現


軒先側上面の角を丸くして、空気が流れやすい形状にした樹脂製桟木です。
夏場の熱気や湿気を野地面上に停滞させることなく、瓦の重ね部(隙間)から速やかに排出することができます。


Point4 優れた瓦釘の引抜強度

PS樹脂瓦桟(H15×W30)を使用した耐風圧性能試験では、3,035N/㎡(風速38m/s、屋根高さ13m相当)の耐荷重強度でも異常なく、優れた引抜強度が証明されています。また、桟木上面は凹凸形状になっており、釘打ちの際に滑りにくい構造です。


製品仕様


軒先、平部、ケラバ、棟、壁周りで、使い勝手が良い寸法をご用意しました。
水抜き材下地材として、用途に応じてお使いいただけます。


商品設計は有限会社ピュアテック社です。上記寸法以外にも対応できる場合がございますので、詳しくは営業部へお問い合わせください。
※再生プラスチックを主原料としているため、色調に若干のバラツキがありますが性能には影響ございません。


当商品の鶴弥オリジナルCADデータ (納まり断面図)はこちら※リンク先ページ下部


ページの先頭へ