トライ片流冠(紐付)使用
トライ片流冠(タマブチ付)使用

製品特徴

  • 1. 製品の片側を垂直面にしたコンパクトな形状は、シンプルな片流れ屋根のデザインにマッチします。
  • 2. 紐付タイプとタマブチ付タイプの2種類のバリエーションがあります。
  • 3. 通常の冠瓦と同様に、上面からの留め付けが可能で、施工が容易になっています。(※破風板が立ち上がっていない場合は、専用の棟金具を使用してください)

使用役物

紐タイプ

紐タイプ

※トライ片流巴左は紐タイプとタマブチタイプで兼用できます。
タマブチタイプ

タマブチタイプ

※トライ片流巴左は紐タイプとタマブチタイプで兼用できます。

役物ラインナップ

トライ片流冠(紐付)

トライ片流冠
(紐付)

トライ片流巴右(紐付)

トライ片流巴右
(紐付)

トライ片流冠(紐付)

トライ片流巴左

トライ片流冠(タマブチ付)

トライ片流冠
(タマブチ付)

トライ片流巴右(タマブチ付)

トライ片流巴右
(タマブチ付)

トライ片流冠の施工方法

破風板が立ち上がっている場合

瓦の上面(水平面)から破風板に直接留め付けて下さい。

破風板が立ち上がっている場合

破風板が立ち上がりが無い場合

片流れ専用の棟金具(新発売)を使用して留め付けて下さい。

※どちらの場合も湿式での施工は可能ですが、破風板に立ち上がりがない場合は乾式をおすすめします。
破風板が立ち上がりが無い場合

トライ片流巴の施工方法

専用の巴類には切り欠きがありません。F形袖類(トライ袖、兼用袖、RSワイド袖)を施工する場合は巴を加工してください。

イ片流巴の施工方法
例)トライ片流冠・巴とRSワイド袖の施工

製品仕様

トライ片流冠
(紐付)
トライ片流冠
(タマブチ付)
全長 332mm 336mm
働き長さ 306mm 306mm
TOPTOP