らく棟シート(水袋)使用例

らく棟シート(水袋)使用例

らく棟シート(土袋)使用例

らく棟シート(土袋)使用例

化粧スレートでの使用例

化粧スレートでの使用例

らく棟シート(水袋)使用例

らく棟シート(土袋)使用例

化粧スレートでの使用例

専用シートの登場で屋根の養生が変わります

簡単施工

  • 設置作業に時間がかかる
    (5mで60分程度)
  • 養生の専門知識が必要
  • 設置作業の時間削減
    (水袋40%、土袋25%を削減)
  • 屋根専門職ではない一般職方でも設置可能

高耐久

  • 劣化しやすく、
    2~3か月で再養生が必要
  • 強風でシートがバタつく
  • 二重構造で高耐久、
    再養生不要(6~12か月耐久)
  • 専用シートでバタつきを軽減

美観

  • ブルーシートと
    土袋が目立つ
  • ブラックで養生箇所
    が目立たずスッキリ

製品仕様

セット内容 価格 : 6,500円(税抜)

内容物 本体シート 水袋用ビニール袋 インシュロック
寸法 幅 1.2m×長さ 5.4m
※1.8mごとに切断可能
幅 0.2m×長さ 2.5m 長さ 300ミリ
枚数 1枚 6枚 15本
材質 #3000 ブラックシート ポリエチレン ナイロン

本体シート

水袋用ビニール袋

インシュロック

施工上のご注意

土袋 ※別途土袋18枚が必要(5.4m、600ミリピッチ)

①地上で本体シートを必要長さに応じ切断する。
(1,800㍉ピッチで2重縫製部分あり、縫製の間で切断)

②土袋にガラ等を入れ、重しを準備する。
(両サイド600㍉ピッチ分・6~8㎏/袋が目安)

③本体シートを養生する場所に被せる。

④シートの両サイドの重しポケットに土袋を入れる。

⑤蓋部分をかぶせ、蓋部分と端部のハトメをインシュロックで固定する。

水袋

①地上で本体シートを必要長さに応じ切断する。(1,800㍉ピッチで2重縫製部分あり、縫製の間で切断)
本体シートの両サイドの重しポケットに水袋用ビニール袋を入れる。この時、ビニール袋の注水口端を出しておく。

②本体シートを養生する場所に被せる。
(隅棟の場合はビニール袋の注水口端が水上側になるように被せる。)
屋根上にホースを伸ばし、ビニール袋の中に水を入れる。片荷重部にならないように交互に入れ、本体シートのポケット内のみ注水(約10㍑/m)する。(縛る部分を残す)

③両サイドのビニール袋の注水口端をシート中央部(水の入っているところより高い位置)で縛る。
このとき、低いところで縛ると水漏れする恐れがある。

④蓋部分をかぶせ、蓋部分と端部のハトメをインシュロックで固定する。


TOPTOP