建築基準法における木造住宅の壁量について

弊社製品を使用する木造住宅について、木造住宅の壁量計算をする場合は、建築基準法における“重い屋根材”の分類を使用してください。


後悔しない屋根材選び

ダウンロード

屋根材は一番過酷な気象条件にさらされます。重量にとらわれず、性能で選ぶことが重要です。高温多湿、寒暖差のある日本の屋根には、耐久性、断熱性、遮音性に優れた瓦が最適です。


ページの先頭へ