名称 株式会社 鶴弥
所在地 愛知県半田市州の崎町2番地12
創業 1887年(明治20年)
会社設立 1968年(昭和43年)2月1日
資本金 21億4,413万円
代表者 代表取締役社長 鶴見 哲
従業員 421名(2017年(平成29年)3月)
取引銀行 商工中金
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
事業内容
  1. 粘土瓦の製造および販売
  2. 屋根工事の請負および施工
  3. 陶板壁材の製造および販売
  4. 建築資材の開発および販売
  5. 各号に付帯関連する一切の事業
許可・登録
  • 愛知県知事許可 一般屋根工事業(般-12)第43070号 
  • 愛知ブランド企業認定 2005年(平成17年)1月31日認定
  • 日本工業規格適合性認証(JISマーク表示制度)
    本社工場・衣浦工場・西尾工場 2012年(平成24年)7月9日認証
    阿久比工場 2007年(平成19年)11月1日認証
    認証番号 
    本社工場 TC 04 12 002
    衣浦工場 TC 04 12 003
    西尾工場 TC 04 12 004
    阿久比工場 TC 04 07 043
    認証区分 JIS A 5208 粘土がわら
    認証範囲
    (製法による区分)ゆう薬がわら
    (形状による区分)
    〔J形粘土がわら〕
    桟がわら、雪止がわら、軒がわら、そでがわら、のしがわら
    〔F形粘土がわら〕
    桟がわら
    (寸法による区分)J形53A、F形40

 

組織図


組織図

クリックで拡大

株式会社鶴弥 行動計画

全ての社員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うために、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2016年(平成28年)4月1日から2019年(平成31年)3月31日までの3年間

2.内容

目標1
従業員(管理者含む)の所定外労働時間の削減を行う。

<対策1>

  • 2016年(平成28年)5月:労働時間把握用紙を作成し配布
  • 2016年(平成28年)6月:1年間の労働時間把握を開始
  • 2017年(平成29年)8月:労働時間の分析を行い、課題の抽出、説明会を行い長時間勤務の削減につなげる
目標2
育児・介護目的以外の社員も利用可能とするフレックスタイム制度等、柔軟に対応できる就業体制の導入

<対策2>

  • 2017年度(平成29年度)上期:従業員の意識調査を行う
  • 2017年度(平成29年度)下期:意識調査を踏まえ、会社として実行できる制度があるか精査
  • 2018年度(平成30年度)上期:実行可能な制度があった場合、規定の改定やシステム変更の準備

株式会社鶴弥 行動計画②

女性がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うために、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2016年(平成28年)4月1日から2019年(平成31年)3月31日までの3年間

2.当社の課題

継続就業が行いやすい職場環境への対応不足

3.目標と取組内容・実施時期

目標1  
管理監督者教育の実施による職場環境改革への取組

<対策1>

  • 2017年度(平成29年度)上期:管理監督者教育を行う
  • 2017年度(平成29年度)下期:部下の社員へのヒアリングを実施
  • 2018年度(平成30年度)上期:必要に応じて再教育や、職場環境改革に係る変更準備
目標2  
全従業員に占める女性役職者(係長以上)を現状2.1%から5%にする

<対策2>

  • 2016年(平成28年)下期:女性社員への意識調査を実施
  • 2017年(平成29年)上期:役職希望者への研修を実施
  • 2018年(平成30年)4月:対象社員から女性役職者を昇格させる

ページの先頭へ