防耐火認定

木造軸組工法 30分防火構造 (2016年5月25日認定)
認定番号 PC030BE-3585(1) PC030BE-3585(2)

部分:使用可能範囲

仕様(概要)

認定番号 PC030BE-3585(1) PC030BE-3585(2)
認定をした
構造方法等の名称
人造鉱物繊維断熱材充てん/陶磁器質板・構造用面材[木質系ボード、セメント板、火山性ガラス質複層板又はせっこうボード]表張/せっこうボード裏張/木製軸組造外壁 人造鉱物繊維断熱材充てん/陶磁器質板表張/せっこうボード裏張/木製軸組造外壁
柱・間柱 柱サイズ:105×105mm以上 間柱サイズ:27×105mm以上 間隔:500mm以下
構造用面材 以下のいずれかを選択してください。
 1)木質系ボード 2)セメント板
 3)火山性ガラス質複層板 4)せっこうボード
 ※鉄釘φ2.3×38mm以上又はねじφ2.5×38mm以上
  周辺部:@200mm以下、中央部:@400mm以下にて留付け
なし
防水紙 以下のいずれかを選択してください。
 1)なし 2)透湿防水シート 3)合成高分子系シート 4)アスファルトフェルト
胴縁のサイズ・間隔 なし、又は12×38mm以上 間隔:500mm以下 ※釘N45以上又はねじφ3.0×45mm以上、@600mm以下にて留付け
外装材 スーパートライWall、専用金具留め(5mm又は15mm留め金具) ※金具はφ4.2×L35mm以上、1本以上にて留付け
陶板の目地処理 突付け目地、又はシーリング目地
充てん断熱材 グラスウール、又はロックウール 密度:10kg/m 厚さ:50mm以上
防湿シート なし、又は防湿シート
内装材 せっこうボード9.5mm以上 ※GN40以上又はねじφ2.34×38.1mm以上 周辺部:@400mm以下にて留付け@200mm以下、中央部

※大臣認定別添を必ずご確認ください。
※防火認定の施工仕様を示しており、標準施工仕様とは一部異なりますのでご注意ください。

防耐火認定

木造軸組工法 45分準耐火構造 (2017年1月26日認定)
認定番号 QF045BE-1463

部分:使用可能範囲

仕様(概要)

認定番号 QF045BE-1463
認定をした
構造方法等の名称
人造鉱物繊維断熱材充てん/陶磁器質板・構造用面材[木質系ボード、セメント板、火山性ガラス質複層板又はせっこうボード]表張/強化せっこうボード裏張/木製軸組造外壁
柱・間柱 柱サイズ:105×105mm以上 間柱サイズ:27×105mm以上 間隔:500mm以下
構造用面材 以下のいずれかを選択してください。
1)木質系ボード 2)セメント板 3)火山性ガラス質複層板 4)せっこうボード
 釘N38以上又はねじφ3.0×50mm以上 周辺部:@200mm以下、中央部:@400mm以下にて留付け
防水紙 以下のいずれかを選択してください。
 1)なし 2)透湿防水シート 3)合成高分子系シート 4)アスファルトフェルト
胴縁のサイズ・間隔 なし、又は12×38mm以上 間隔:500mm以下 ※釘N45以上又はねじφ3.0×45mm以上、@600mm以下にて留付け
外装材 スーパートライWall、専用金具留め(5mm又は15mm留め金具) ※金具はφ4.2×L35mm以上、1本以上にて留付け
陶板の目地処理 突付け目地、又はシーリング目地
充てん断熱材 グラスウール、又はロックウール 密度:10kg/m3 厚さ:75mm以上
防湿シート なし、又は防湿シート
内装材 強化せっこうボード12.5mm以上 ※GN40以上又はねじφ2.34×38.1mm以上 周辺部 : @200mm以下、中央部 : @400mm以下にて留付け

※大臣認定別添を必ずご確認ください。
※防火認定の施工仕様を示しており、標準施工仕様とは一部異なりますのでご注意ください。

防耐火認定

木造枠組壁工法 30分防火構造 (2016年12月6日認定)
認定番号 PC030BE-3631

部分:使用可能範囲

仕様(概要)

認定番号 PC030BE-3631
認定をした
構造方法等の名称
人造鉱物繊維断熱材充てん/陶磁器質板・構造用面材[木質系ボード、セメント板、火山性ガラス質複層板又はせっこうボード]表張/せっこうボード裏張/木製枠組造外壁
たて枠、上枠・下枠 たて枠:38×89mm以上 上枠・下枠:38×89mm以上 間隔:500mm以下
構造用面材 以下のいずれかを選択してください。
 1)木質系ボード 2)セメント板 3)火山性ガラス質複層板 4)せっこうボード
 ※釘N38以上又はねじφ3.0×50mm以上 周辺部 : @200mm以下、中央部 : @400mm以下にて留付け
防水紙 以下のいずれかを選択してください。
 1)なし 2)透湿防水シート 3)合成高分子系シート 4)アスファルトフェルト
胴縁のサイズ・間隔 なし、又は12×38mm以上 間隔:500mm以下 ※釘N45以上又はねじφ3.0×45mm以上、@600mm以下にて留付け
外装材 スーパートライWall、専用金具留め(5mm又は15mm留め金具) ※金具はφ4.2×L35mm以上、1本以上にて留付け
陶板の目地処理 突付け目地、又はシーリング目地
充てん断熱材 グラスウール、又はロックウール 密度:10kg/m3 厚さ:50mm以上
防湿シート なし、又は防湿シート
内装材 せっこうボード9.5mm以上 ※GN40以上又はねじφ2.34×38.1mm以上 周辺部 : @200mm以下、中央部 : @400mm以下にて留付け

※大臣認定別添を必ずご確認ください。
※防火認定の施工仕様を示しており、標準施工仕様とは一部異なりますのでご注意ください。

防耐火認定

鉄骨下地 1時間耐火構造( 非耐力) (2018年8月24日認定)
認定番号 FP060NE-0245(1) FP060NE-0245(2)

部分:使用可能範囲

仕様(概要)

認定番号 FP060NE-0245(1) FP060NE-0245(2)
認定をした
構造方法等の名称
陶磁器質板・強化せっこうボード重表張/軽量鉄骨下地外壁 人造鉱物繊維断熱材充てん/陶磁器質板・強化せっこうボード重表張/軽量鉄骨下地外壁
胴縁 一般部 C-100×50×20×2.3mm以上又は□-100×50×2.3mm以上
目地部 C-100×50×20×2.3mm以上(ダブル仕様)または□-100×50×2.3mm以上 間隔:910mm以下
外装下張材
及び
外装上張材
外装下張材
強化せっこうボード又は両面薬剤処理ボード用原紙張せっこう板(防水防カビタイプ)
※ねじφ4.0×30mm以上 周辺部 : @200mm以下、中央部 : @300mm以下にて留付け
外装上張材
強化せっこうボード又は両面薬剤処理ボード用原紙張せっこう板(防水防カビタイプ)
※ねじφ4.0×60mm以上 周辺部 : @200mm以下、中央部 : @300mm以下
 又はステープル(幅4×足長32mm以上、@200mm以下)及び接着剤(塗布量200g/㎡以上)にて留付け
外装下張材と外装上張材は目地をずらして施工
防水紙 以下のいずれかを選択してください。
 1)なし 2)透湿防水シート 3)合成高分子系シート 4)アスファルトフェルト
 張り上げ枚数 1枚又は2枚
胴縁のサイズ・間隔 なし、又は12×38mm以上 間隔:910mm以下 ※ねじφ4.0×70mm以上、@910mm以下にて留付け
外装材 スーパートライWall、専用金具留め(5mm又は15mm留め金具) ※金具はφ4.2×L60mm以上、1本以上にて留付け
陶板の目地処理 突付け目地、又はシーリング目地
充てん断熱材 なし グラスウール、又はロックウール
密度:10kg/m3 厚さ:50mm以上
内装材 指定なし

※大臣認定別添を必ずご確認ください。
※防火認定の施工仕様を示しており、標準施工仕様とは一部異なりますのでご注意ください。