テクニカル情報

  • 所有者様向け
  • 施工業者様向
あなたの家の瓦、緊結されていますか?

いのちとくらしをまもる防災減災。
強風による被害を少なくするために、屋根の耐風性能を高めましょう。

台風などの強風を受けて、令和4年1月から、瓦屋根の留付け基準が強化されます。
  • 近年、強い台風の上陸により、住宅の瓦が脱落するなどの大きな被害が発生しています。このような強風による被害を防ぐためには、瓦を屋根に緊結、つまり、しっかり留付けることが重要です。
  • 屋根瓦を緊結することで地震による被害を防ぐこともできます。
  • 新築の住宅に対しては、令和4年1月から瓦の留付け方法に関する基準が強化されます。
  • また、皆さんが現在お住まいの住宅の瓦屋根に強風対策を講じる際に活用できる補助制度が拡充される予定ですので、瓦屋根の強風対策に取り組みましょう。

瓦が脱落

無被害

瓦屋根のチェックポイント(地上からの簡易診断)
  • 2001年より前に建てられた瓦屋根の建築物で、2001年以降に屋根が改修されていない
  • 瓦にずれや浮き上がりが生じている
  • 瓦が著しく破損している など

瓦にずれや浮き上がりが生じている例

瓦に浮き上がりが生じている。
瓦がずり下がり、葺き土に植物がみられる。

瓦が著しく破損している例

注意!

屋根の状況を把握するために、屋根には絶対登らないでください。
詳細に屋根の状況を把握したい場合は、お近くの瓦工事業者さんにご相談ください。

工事業者・工務店の皆様へ 令和4年1月1日から瓦屋根の緊結方法が強化されます。

いのちとくらしをまもる防災減災。
建築基準法の告示基準(昭和46年建築省告示第109号)が改正されました。

ガイドライン工法※1を踏まえて、告示基準※2を改正
  • ※1 業界団体((社)全日本瓦工事業連盟、全国陶器瓦工業組合連合会、全国厚形スレート組合連合会)が作成した「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」(平成13年8月策定)で示される強風や地震による屋根瓦の脱落被害を防止できる工法
  • ※2 昭和46年建設省告示第109 号
瓦の緊結方法に関する基準(昭和46年建設省告示第109号)

令和4年1月1日以降、瓦屋根は、以下の緊結方法でふく必要があります。

完了(中間)検査時の申請図書

完了検査又は中間検査の申請に必要となる工事監理報告書における瓦屋根工事については、構造図等の設計図書と、瓦工事業者が作成する品質管理記録の照合を行いますので、その旨と照合結果を記載します。

令和4年1月以降の新築・増改築時等の取扱い
  • 1.新築

    改正後の基準に適合する必要
  • 2.増築

    改正前の基準でOK
    改正後の基準に適合する必要
    ※「屋根ふき材は構造上分離」していることが前提
  • 3.大規模修繕(全ふき替え)

    法令上は改正前の基準でOKだが、
    改正後の基準でふき替えることが望ましい
  • 4.既存の建築物

    改正前の基準でOK
    ただちに改正後の基準への適合を求められることはない
強風対策への補助制度

強風対策として行う屋根の耐風工事等への補助制度があります。
※下記事業は、令和3年度の予算成立を前提としたものです。

住宅・建築物安全ストック形成事業(令和3年度〜)

補助制度が受けられるかは、各自治体にお問合せください。

詳細はこちら
  • 瓦屋根の耐風診断
    補助対象限度額 31,500円/棟
    補助率 地方公共団体実施:国1/2
    民間事業者等実施:固と地方で2/3
  • 瓦屋根の耐風改修工事
    補助対象限度額 24,000円に屋根面積(㎡)を乗じた額
    上限2,400,000円/棟)
    補助対象率 23.0%
    補助率 1/2(国費率11.5%)
※対象区域:DID地区等(基準風速32m/s以上の区域)又は地域防災計画等で地方公共団体が指定する区域。

長期優良住宅化リフォーム推進事業(令和3年度〜)

対象事業に該当する場合、瓦屋根の改修に活用可能です。

詳細はこちら

対象事業
以下の①、②を満たすリフォーム工事
①インスペクションを実施し、維持保全計画・履歴を作成すること
②工事後に耐震性と劣化対策、省エネルギー性が確保されること
補助率 1/3
補助限度額 100 万円/戸他
※その他条件により補助額加算可

瓦屋根の耐風診断

下表は2次診断(瓦屋根診断技土等による屋根上からの詳細診断)のチェック項目例です。
なお、2次診断の方法については、今後、改訂する「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に掲載しますので、詳細についてはそちらをご覧ください。

むねの不具合

  • むね瓦が移動していないか(浮き、ずれ、飛散・脱落がないか)
  • むね瓦が損傷・劣化していないか
    (損傷・劣化している場合)
    • 移動・損傷・劣化した部位はどこか
    • どのような金物で緊結していたか
緊結線が破断

平部の接合部

  • 平部の留付け状況(1枚当たりの留付け箇所など)
  • 接合具の状況(くぎ、ねじなどの接合具と長さや形状) など

平部の接合部

  • 平部の留付け状況(1枚当たりの留付け箇所など)
  • 接合具の状況(くぎ、ねじなどの接合具と長さや形状) など
瓦屋根に関する関連情報等

瓦屋根工事にかかる基準

国土交通省ホームページへ

その他の問い合わせ先

一般財団法人日本建築防災協会
メールアドレス kenbokyo@kenchiku-bosai.or.jp

耐風診断・耐風改修

全日本瓦工事業連盟ホームページの「加盟工事店の検索」から、お近くの工事店を検索することができます。

詳細はこちら

なお、耐風診断については、「瓦屋根診断技士」等の資格取得者が在籍している工事店にご相談ください。

TOPTOP