瓦の材質特性(曲げ破壊荷重テスト)について教えてください。

 屋根には、TVアンテナ工事や雪下ろしで人が乗るなど、局部的に大きな荷重のかかる場合があります。JIS規格の曲げ破壊荷重テストでは、1枚あたり1500N(153.0kgf)以上の強度が必要と定められています。鶴弥の防災瓦は、JIS規格の荷重に対する耐圧性も万全のレベルを確保しています。


鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

製品について

ページの先頭へ