どうして屋根の耐久性が向上するのですか?

屋根材である粘土瓦は日本の気候風土に適した屋根材ですが、高温多湿の日本では瓦下の下地材の腐食や劣化が懸念されてきました。フリーエアー工法を採用することによって、熱や湿気による劣化を防ぎ、屋根を健全な状態で維持させることにより、屋根の耐久性を向上させます。


鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

フリーエアー工法について

ページの先頭へ