フリーエアー工法とは何ですか?

フリーエアー工法とは4つの部材※を使用し、効果的に野地面通気を実現する屋根下地仕様のことです。
※PS樹脂瓦桟(瓦留め付け材)、快適ロール(防水シート)、フリーエアーロール(棟防水シート)、P-換[ピーカン](棟換気)

参考:野地面通気とは、野地面(瓦下)と瓦の間に空気が流れる通気層を作り、熱気と湿気をスムーズに排気することです。屋根を熱や湿気による劣化から防ぎ、健全な状態で維持させることにより、屋根の耐久性が向上します。

鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

フリーエアー工法について

ページの先頭へ