瓦はどのように施工するのですか?

瓦は屋根の野地板にルーフィングと呼ばれる防水シートを張り、その上に瓦留め付け用の木材を取り付けます。その木材に瓦を引っかけて、釘又はビスで瓦を固定します。(引っかけ桟葺き工法)
現在では、昔のように屋根面に土をのせて瓦を施工すること(土葺き工法)はほとんどありません。
引っかけ桟葺き工法は土葺き工法に比べ、重さは約半分なので、今の瓦屋根は昔の瓦屋根に比べるととても軽くなっています。(詳しくは施工要領を参照


鶴弥についてのお問い合わせは、お問い合わせページからお寄せください。

同一カテゴリーのよくある質問

施工について

ページの先頭へ