営業企画室の木村&石原です。

2018年(平成30年)8月25日(土)~8月26日(日)に、京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)で開催された、『住まいの耐震博覧会2018京都』が終了いたしました。


会場の様子

会場では、陶板壁材「スーパートライWall」の展示を行いました。
多数のお客様に当社ブースへご来場いただきまして、誠にありがとうございました。


当社ブース(クリックで拡大)


「様々な会場で開催されているナイス株式会社主催の『住まいの耐震博覧会』。他会場に参加したことはありましたが、京都会場には初めての参加でした。」


「初めての京都会場はどうだった?」


「設営から展示会当日、撤収まで携わったことも初めてで、改めて展示会の大変さを感じました。」


「今回の京都会場では、キャラクターショーやお菓子まき、縁日コーナーなどの子供が楽しめるイベントやコーナーがあって、家族連れで来場されている方が多かったね。」


「特に縁日コーナーには常にお客様がいて、子供たちだけでなく、大人の方も楽しんでいました。」


縁日コーナー


絶えず人が訪れていました!


「当社のブースはその縁日コーナーの向かいにあったけど、縁日コーナー同様盛況!とまではいかなかったね・・・」

「それでもブースへ来て、スーパートライWallやカワラッパに興味を持っていただき、多くのお客様とお話ができました。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。」


説明中の様子


『住まいの耐震博覧会』は、9月15日(土)、16日(日)にマリンメッセ福岡でも開催されます。当社も出展いたしますので、お近くの方・興味のある方は、是非お越しください!


本件に関するお問い合わせ先


営業企画室  木村、宮村

Tel: 0569-29-4699

Fax: 0569-28-5566

E-mail: jigyou@try110.com


営業企画室の木村&宮村です。

2018年(平成30年)6月23日(土)~24日(日)に、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催された、『住まいの耐震博覧会2018 名古屋』が終了いたしました。


当社ブース

会場では、陶板壁材「スーパートライWall」の展示を行いました。
多数のお客様に当社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。


『住まいの耐震博覧会』への出展は今年で3回目。毎年どのように展示するか試行錯誤しながら日本全国の会場をまわっています。


展示品自体は変わらず『スーパートライWall』。瓦と同じく、色落ちしない・メンテナンスがいらない焼き物の壁材です。塗り替え知らずでコスパ良し!


今年は陶器の自然な風合いを特にPRすべく、様々な色の製品をご用意しました。


当社ブース


その中でも、住宅業界の方からは、『宙(そら)』や『素焼き』が好評。新しい建材、面白い建材を探している方々のお目に留まりました。


ポイントで使うと、いいアクセントになりますよね。なんだか、壁に風格や存在感がでます。


宙(そら) 施工例


素焼き 施工例


会場ステージではTRFのダンサー、SAMさんのダンス講座もあり、にぎやかで楽しい雰囲気♪

昼食を買いに列へ並んでいたら僕の真後ろに並んでいてびっくり!SAMさんもWallと同じく、風格や威厳ただよう方でした。


風格ある壁材を販売する私たちも凛とした人でいたいですね!


次回は、8月以降の『住まいの耐震博覧会2018』に出展します。詳細確定次第、お知らせページよりご案内します。新しい壁材に興味のある方は、是非お越しください。


本件に関するお問い合わせ先


営業企画室  木村、宮村

Tel : 0569-29-4699

Fax : 0569-28-5566

E-mail : eigyou-kikaku@try110.com


営業企画室の木村&渡邉です。

2018年(平成30年)6月9日(土)に、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催された、ジャパン建材㈱主催の『第20回名古屋ジャパン建材フェア』が終了いたしました。

会場では、陶板壁材「スーパートライWall」、>の展示を行いました。
多数のお客様に当社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。


当社ブース


「5月の岡山での展示会に続いて2回目の展示会参加だったけど、どうでしたか?」


「2回目の展示会ということでまだ言葉に詰まってしまうところもありましたが、無事に終わることが出来てよかったです。」


説明中の様子


「1回目に比べれば、受け答えもしっかりできていたと思うよ。」


「ほんとですか!ありがとうございます!!」


「他メーカーのブースで何か気になったものはあった?」


「木でできた五重塔が一番印象に残りました。」


「細かいところまで再現されてたね。」

「そうですね、150センチぐらいあって迫力がありました。」


「展示会全般を振り返ってみてどうでしたか?」


「まだまだ『スーパートライ Wall』を御存じでないお客様が多いなと実感しました。」


「もっともっと『スーパートライ Wall』の魅力をPRしていかないとね!」


「はい!次回は6月23日(土)、24日(日)にポートメッセなごやで開催される、ナイス㈱主催の『住まいの耐震博覧会2018in名古屋』、>に出展します。」


「SAMさんのダンスコンサート、バイきんぐのお楽しみステージも開催されます!」


「楽しみですね!
当社の『スーパートライWall』も展示します!!」



「「お時間のある方は、是非お越しください!!!」」


本件に関するお問い合わせ先


営業企画室  木村、渡邉

Tel: 0569-29-4699

Fax: 0569-28-5566

E-mail: jigyou@try110.com


4月で入社2年目の岩崎&西山です。

当社の桜も見ごろを迎える季節になりました。
今回は、2人で鶴弥の桜並木を撮影してきました!

本社




「本社の桜も見ごろになってきましたね。本社の桜を見ると、去年の入社式を思い出します。あれからもうすぐ1年が経ちますが、なんだかあっという間だった印象です。」


「ぼくは、やっと会社に慣れてきたところです!もうすぐ新入社員も入ってくるので、先輩社員として少しでも役に立てるようになりたいですね。」


「そうですね。まだまだ力不足ですが、お互い少しでも早く仕事を覚えて先輩方の背中を追っていきたいですね。」

衣浦工場



阿久比工場




「阿久比工場は、まだ2~3分咲きの桜が多いですね。見ごろは来週以降かな?」


「来週といえば、ついに配属先の辞令交付式がありますね!1年間の研修も終わりこれからは、各々の部署でしっかり頑張りたいですね!」


「そうですね!4月からお互い頑張っていきましょう。」

開発部の戸田&営業企画部の宮村です。

2018年(平成30年)3月6日(火)~3月9日(金)に、東京ビッグサイトで開催された『建築・建材展2018』が終了いたしました。

会場では、陶板壁材「スーパートライWall」、陶板屋根材「スーパートライ美軽」、防災F形瓦「スーパートライ110タイプIPlus」の展示を行いました。
4日間で多数のお客様に弊社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。


当社ブース(クリックで拡大)


「戸田君は2日目に説明員として参加でしたが、展示会どうでしたか?」


「さすが日本最大の建築系展示会、住宅業界で働く来場者がとても多かったです。あとは異業種の方で、ご自宅の新築やリフォームを検討されている方も相談に来られました。」


説明中の様子


「いらっしゃいましたね~。瓦をはじめて見て『こんな複雑な形状なんだね』とか、『全く瓦のことを知らないから教えてほしい』とか。普段屋根の上を見ることないですからね。」


「瓦は地震に弱いのか、最近の瓦は耐震性があるのか、色んな情報があり混乱している方も。鶴弥の防災瓦は瓦同士がっちりかみ合うので地震台風に負けない!」


「そうそう、瓦は地震に強いのです。ぜひこちらの動画もご覧ください。」


実際の瓦を使った愛知県陶器瓦工業組合のブース

「愛知県陶器瓦工業組合も別ブースで出展していました。立派な和風屋根のステージ上で名古屋のアイドルdelaが瓦PRソングを歌って大々的にアピール!こちらも盛り上がり凄かった。恒例の鬼師さんの実演もいつも人気です。」


「建築・建材展のとなりではJAPANSHOPも同時開催。瓦組合のように派手、華やか、目を引くブースが多数でした。」

「うちはキラキラしたブースではありませんが…気付いてくださる方からはタイプⅠPlusに『隠れた部分に凝った工夫がつまってる!』とか…スーパートライWallに『陶器の壁材なの?粘土だけ?!』とか…美軽に『ホーローきれいだね、瓦もこんなデザインのものがあるんだ…』との良い意味で驚きの声をたくさんいただきました。」


「派手さはなくとも当社らしく実直に商品の防災性や耐久性を皆様にお届けできれば。1年の集大成の建材展が終わり、振り返ってみると今年も多くの課題が見えました。販促担当として、来期もひたすら現状改善に励みます。今期1年ありがとうございました。」


鶴弥製品の礎である粘土の飾りたっぷりのブースでした(クリックで拡大)


本件に関するお問い合わせ先


営業企画部  木村、宮村

Tel: 0569-29-4699

Fax: 0569-28-5566

E-mail: jigyou@try110.com


ページの先頭へ